私の行っている口周りのヒゲ処理は我流です!

顔の毛が全体的多い私は、顔の産毛し処理が欠かせません。眉やヒゲ、もみあげの処理も同時にしています。顔の産毛処理には、とても気を使います。肌に傷をつけたり、摩擦などのストレスかかかると、色素沈着やシワの原因になるからです。産毛は腕やすねの毛と同じように、スムーサーをつけてから、カミソリでおこないます。カミソリはスティック状で刃の小さな顔剃り用のものを使います。

スムーサーには乳液を使うことが多いのですが、正しいのかは分かりません。白い乳液をつけると眉などの必要な毛との境目が、分かりづらくなるので注意が必要です。私の顔の産毛は、主におでこと眉間、そして頬ともみあげの間に一番多いです。頬やおでこのように面積の広い部分でも、カミソリを一気に滑らすのではなく、ちまちまと小さく剃っていきます。乳液をつけることで、産毛が寝てしまい剃りづらくなりますが、決して力を入れすぎず、カミソリの刃が肌につくかつかないかの距離で剃っています。

女性の口ヒゲ処理することで、顔がパッと明るくなり、化粧ムラも減ります。毛を処理するとその部分の毛が濃くなるという都市伝説が怖いですが、顔のうぶ毛処理の効果を一度実感すると、やらずにはいられません。顔のうぶ毛処理をした後は、私はそのまま寝るようにしています。一晩かけて肌を落ち着かせてから、メイクをするようにしたいのです。
顔の産毛処理は、不要と言う説もあるようです。今後、新しい情報も取り入れつつ、続けていこうと思います。

男性から見て女性のヒゲについて思うこと

私は男性なので、女性のヒゲを意識した事はありません。でも思い出すと、私の前の彼女は、「ヒゲを剃っている」と言っていました。当時は冗談だと思っていたのですが、本当なのかもしれません。今の女性は、一段と美容や健康を意識しているので、無駄毛の処理をしっかりしています。よって、ヒゲを処理していると思います。また個人差で毛深い人もいるので、ヒゲが生えていてもオカシイとは感じません。

例えば、眉毛や鼻毛はきっちり処理するので、その際にヒゲだけ無視するとは考えられないからです。ただ男性のように、電動シェーバーは使用していないはずです。また、T字剃刀もあまり使用していない、似合わないイメージがあります。

やはり女性専用のヒゲ剃り等が勝手に好印象だと思ってしまいます。現在はストレス社会で女性の社会進出や、遅くまで働いている女性や夜勤の女性も多いと思います。そうすると男性ホルモンが多くなり、毛深くなりヒゲが生える・濃くなる、と悪循環のようですが、私は多少生えていても気にしません。なぜなら、それも個性だからです。多少毛深いぐらいで、ヒゲが生えているぐらいで大変だと思ってしまいます。女性は体の全身を気にしているので、苦労が絶えません。